2010年01月16日

法制局長官に梶田氏(産経新聞)

 政府は15日午前の閣議で、宮崎礼壹内閣法制局長官(64)が退任し、後任に梶田信一郎内閣法制次長(62)が昇格する人事を決めた。宮崎氏は平成18年9月の安倍内閣発足とともに法制局長官に就任。政権が交代した昨年9月の鳩山政権発足時にも再任されたが、平野博文官房長官によると、宮崎氏から辞意が伝えられたという。

 梶田氏は東大法学部卒業後、昭和46年に熊本県職員になり、旧自治省などを経て、内閣法制局では総務主幹や第三、第一部長などを務めている。

 政府は、18日召集の通常国会から、法制局長官を「政府特別補佐人」から除外し、国会での答弁をさせない方針をとっている。

 一方、この日の閣議では、内閣官房副長官補の福田進、林景一両氏の退任を正式に決定。後任には、前財務省会計センター所長兼財務総合政策研究所長の佐々木豊成氏(56)と、外務省官房長の河相周夫氏(57)がそれぞれ就任する。発令はいずれも15日付。

【関連記事】
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から
民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪
社民・重野幹事長、内閣法制局長官の答弁外し「理由がわからない」
小沢氏「自民システム破壊」へ理論武装 国会改革で
法制局長官 宮崎氏が再任

米車対象外のエコカー支援、国務長官が懸念(読売新聞)
私書箱「振り込め」で悪用 高い匿名性 甘い本人確認も(産経新聞)
<女装>侵入容疑で逮捕 女性の脱衣室ウロウロ 兵庫(毎日新聞)
<ニュース1週間>藤井財務相辞任、後任は菅副総理/ドバイの世界一の超高層ビル完成(毎日新聞)
<日本国際賞>岩崎・東北工業大理事長ら2氏が受賞(毎日新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 02:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。