2010年05月29日

対がん計画の中間報告、6月にも公表―厚労省(医療介護CBニュース)

 国のがん対策推進協議会(会長=垣添忠生・日本対がん協会会長)は5月28日、厚生労働省側が提示した「がん対策推進基本計画中間報告案」をめぐり議論した。年齢調整死亡率(75歳未満)の減少など、現在のがん対策推進基本計画に掲げている目標ごとに現時点での進捗状況などを示したが、委員からはより踏み込んだ表現への修正を求める意見が相次いだ。同省では、この日の意見を反映した正式な中間報告を6月にも公表する方針だ。

 現在の基本計画は、がん対策基本法の施行に合わせて2007年度にスタートし、全体目標として「75歳未満の年齢調整死亡率20%減少」を掲げている。これを達成するための重点課題として、▽放射線療法や化学療法の推進▽緩和ケアの充実▽がん登録の推進―などを提示。これらの課題ごとに、取り組むべき施策と個別の目標も示した。12年度に新たな計画に切り替わる。
 がん対策基本法では、厚労省が基本計画を策定する際に同協議会に意見を聞くことと規定しており、中間報告の取りまとめ以降、同協議会は現在の施策の評価や見直しに着手する。

 28日に厚労省が提示した中間報告案では、それぞれの施策の進捗状況や今後の課題を整理している。「がん患者と家族の苦痛の軽減・療養生活の質の維持向上」については、進捗状況を把握するため、「測定の可能性を検討している」としたが、委員からは「計画がスタートして3年たってこれだけの書きぶり。失望した」(郷内淳子・カトレアの森代表)など厳しい声が上がった。


【関連記事】
子宮頸がん予防ワクチンの国費助成を要望
がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは
がん検診受診率、「なかなかショッキング」
がん対策提案書を長妻厚労相に提出―対策推進協
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。

沖ノ鳥島保全法が成立=離島の調査・開発拠点を整備(時事通信)
<普天間>首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否(毎日新聞)
天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)
不同意堕胎、容疑の医師「申し訳なかった」(読売新聞)
陛下、恒例のお田植え(産経新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 09:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)

 H2Aロケットに相乗りして21日朝に打ち上げられた小型衛星4基のうち、鹿児島大と創価大(東京都八王子市)の衛星が電波を発信し、機能していることが確認された。
 鹿児島大の西尾正則教授(54)は「ほっとした。これから2カ月間、気象災害予測に使えるような基礎データを取得し、成果を出したい」と話した。
 創価大の伊本俊明講師(62)は「電波の受信は、アンテナを展開できたということ。これだけでも100点満点。次はカメラで地球の画像を撮影したい」と話した。 

「人工細菌」を作製=合成DNAで増殖―医薬品、燃料生産目的・米研究所(時事通信)
カルテ開示、年30件未満が7割超(医療介護CBニュース)
宮崎への種牛提供を検討=首相「できる限り支援」(時事通信)
岩出市の元部長に有罪判決=公共工事汚職―和歌山地裁(時事通信)
<サンゴ>和歌山・白浜沖に 、「しららサンゴ群集」と命名(毎日新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 12:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

19万台依然不明 パロマ湯沸かし器 回収続く(産経新聞)

 東京地裁で11日、判決公判が開かれたパロマ工業製ガス湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故。事故が起きた湯沸かし器4機種と類似の3機種も含めた計7機種は昭和55年〜平成元年に計約26万台販売された。経済産業省が平成18年8月に回収命令を出してから約3年8カ月。うち約19万台は既に廃棄されたのか、存在しているかどうかも分からない状況だ。

 販売時期が古く、顧客名簿も作っていなかったことが影響したとパロマ広報室。「回収作業に終わりは見えないが、消費者の方のご協力を得て地道に点検し続け、一台でも多く回収したい」としている。

 安全装置の不正改造は、8年に東京都内の自宅マンションで死亡した山根敦さん=当時(21)=の遺族が18年2月以降、原因究明を求め、警視庁が再捜査して判明。経産省が過去の記録を調査し18年7月、事故が多発していることを公表した。

 回収命令を受けパロマ側は、設置にかかわったガス事業者から約6万8千台分の設置先リストの提供を受け、約2万1千台を回収。残る約4万7千台分は廃棄などですでに存在しないことを確認した。

 パロマは現在もホームページや新聞広告、テレビCMを通じ、7機種の所在に関する情報提供を呼び掛けている。毎月数件から十数件程度ユーザーらからリストに載っていない設置情報が寄せられているという。

支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
<生きる>心癒す弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
小中学生に広がる「レーザー脱毛」 母娘そろってサロンに通い(J-CASTニュース)
ご飯こぼし、いらいら…小3長男に傷害容疑(読売新聞)
<パロマ中毒事故>元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 18:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。