2010年02月18日

大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞)

 14日午前5時30分頃、大阪市都島区都島中通2のアパート1階から出火、木造2階建て290平方メートルのうち、200平方メートルを焼いた。

 この火事で、住人とみられる男性2人が死亡、1階の女性(73)が煙を吸って病院で治療を受けている。都島署が男性2人の身元の確認を急いでいる。

 発表によると、男性1人は2階で、もう1人は階段付近でそれぞれ見つかった。アパートは16室あり、1階3世帯、2階に6世帯が入居している。

 現場は、JR京橋駅の北約400メートルの住宅街。

参院選にマイナス=石川議員の離党などで民主・平田氏(時事通信)
女子中生に因縁つけ土下座強要…28歳男「お姫さま抱っこさせろ」(産経新聞)
<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
<衝突>国道で2台 軽の3人重体 秋田(毎日新聞)
陸幕長に再発防止を指示=連隊長発言で北沢防衛相(時事通信)
posted by ミツハシ マサユキ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「消費税増税」明記せず 自民の経済政策の対案(産経新聞)

 自民党は16日、政府・与党の経済政策への対案をまとめた。社会保障費の安定的財源の確保を目的とした消費税率引き上げは、党内に異論や反発の声が収まらなかったため明記を避け、「歳入措置の検討が必須」という表現にとどめた。

 平成22年度予算案では、政府案(総額92兆円)から民主党が盛り込んだ子ども手当や高速道路無料化などを中止し、社会保障や雇用対策、農林水産業振興の「安心成長重点枠」(1.3兆円)に配分することで、必要額を89兆5千億円へ圧縮した。また、今秋には追加経済対策を打ち出すべきだとした。膨らむ国債発行残高に歯止めをかけるため、財政再建の道筋を示す「財政責任法」の制定も提起した。

 対案をもとに政府案の修正を求めていく。対案をまとめた党経済政策調査会の村上誠一郎事務局長は16日の記者会見で、消費税への対応は党執行部の判断に委ねると強調した。

【関連記事】
原口総務相「消費税ありきの議論に立たず」 経済対策を優先
菅財務相、消費税論議の封印を改めて否定
“羅針盤”なき財政運営、遭難寸前 消費税、子ども手当で錯綜
首相、公務員法改正案「やる気ない公務員は厳しい」
消費税4年凍結を改めて強調 鳩山首相、前のめり論議に歯止め

【Web】SNSユーザー狙うスパムメール急増(産経新聞)
<中国>農地が急速に酸性化…温暖化加速を警告 米中チーム(毎日新聞)
産廃最大の1726万トン、不法は20万トン(読売新聞)
ANA副操縦士が免許忘れる ソウル便、4時間半遅れ(産経新聞)
<普天間移設>沖縄県連も提案へ 民主議員が意向(毎日新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。