2010年01月30日

<小沢幹事長>弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が自身の健康不安に関する発言を繰り返している。政治家のこうした発言は異例だが、小沢氏の場合は過去にも進退が取りざたされるなど苦境に立たされたとき、自ら言及する傾向があった。剛腕と称される強気のかげで弱みもみせる複雑さが、党内を掌握する小沢氏の強さを支えているようだ。【須藤孝】

 小沢氏は24日、広島市で「私もそう長くない」と発言。25日の記者会見では、自らの資金管理団体による土地購入を巡る事件で、土地代金の原資が家族名義だった理由を問われ「私は平成3年(91年)に心臓病で入院した。人生というか命というか、万が一の時にも、という意識があった」と語った。

 小沢氏の健康問題が明るみに出たのは、東京都議選の敗北で責任をとって自民党幹事長を辞任した約2カ月後の91年6月、心臓病で倒れて42日間入院してからだ。

 06年9月に党大会直後に検査入院した際には、記者団に「心臓だけのCT(コンピューター断層撮影)をした」とあからさまに心臓に不安があったことを明かしている。

 24、25の連日の健康不安発言について、小沢氏周辺は「26日も本人と電話したが、いたって元気だ。マスコミに低姿勢をアピールする戦略だ」と強調する。しかし、健康不安説が流れているわけでもないのに自らしばしば体調に言及するのは、マスコミ対策という表面的な意味だけではない。政治家にとって最大の弱みをためらわず口にすることで、逆に周囲に権力に固執しないとの「すごみ」をきかせる効果を発揮している。

 小沢氏が突然、甲状腺がんの手術体験を明かしたのは07年秋の大連立騒動の直後。08年1月には今回と同じ「(先が)長くない」という発言をしている。

 小沢氏に近い議員らは、今回の土地購入事件を巡り同氏の幹事長続投を前提にする一方、「続投に固執することが参院選勝利にマイナスと考えればすぐに決断する」という見方も共有している。小沢氏の発言は「いざとなれば決断してくれる」という期待を党内に抱かせ、表向きの不平不満が出ない理由にもなっている。

【関連ニュース】
参院予算委:小沢氏団体事件で党独自調査しない 首相
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
共産党:市田書記局長 民主・小沢幹事長を説明責任で批判
東京都議補選:島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?

米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
雑記帳 「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)
「新型」輸入ワクチン、希望は200回分だけ(読売新聞)
小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)
小泉ジュニアや「美人市議」も登壇…自民党大会(読売新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 02:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

<DV>「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)

 DV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)の被害者が22日、東京の衆院議員会館で、国会議員らに01年10月施行のDV防止法を改正するよう訴えた。福島瑞穂男女共同参画担当相や千葉景子法相も国会の合間に出席予定。この問題で担当閣僚が被害者から直接意見を聴くのは異例という。DV防止法には裁判所が加害者に出す接近禁止などの保護命令規定が盛り込まれたが、命令期間終了後に加害者が家に何度も押しかけるケースが相次いでおり、被害者は保護命令の拡充などを求めた。

 DV被害で離婚後、長男諒(りょう)君(当時15歳)を元夫(45)に刺殺された川本弥生さん(47)がこの日午前、支援者らとともに超党派の国会議員の会合に出席。DV防止法に明記されていた3年ごとの法律見直しの規定が2度目の改正(08年1月施行)でなくなり、「現行法では被害者を守る手だてはまだ不十分」などと訴えた。

 DV防止法には交際中の相手からの「デートDV」が法の規制対象外となっているなどの問題点もあり、来年初めの法改正を目指し、内閣府や法務省などに働きかけていくという。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
再生のとき:/5 DV元夫に長男殺された母娘 生きた証し残す
こげなことしとります:福岡グループインフォ 福岡犯罪被害者支援センター /福岡
阿波ひと物語:ニュースレター創刊 編集した河野南代子さん /徳島
県警:今年初の署長会議 最重点に暴力団対策 /福岡
連続講座:DV被害者の支援者養成 心的ストレスの対処法など解説−−福井 /福井

落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
資産追及、首相しどろもどろ…参院予算委(読売新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

小沢不動産事件で首相「起訴がないこと望む」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地取引事件に絡み政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された石川知裕容疑者(民主党衆院議員)について、「起訴されないことを望みたい」と述べた。検察当局を含む行政の長でもある首相が個別の刑事事件に関して、一定の結論への期待感を表明するのは異例だ。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「(石川容疑者の)逮捕の事由を見ても、よく見えないところがある」と、特捜部の捜査にも疑問を呈した。また、小沢氏に対する特捜部の参考人聴取が決まったことについて、「そこですべてが明らかになることを願っている」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」
鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも
千葉法相、指揮権発動否定せず 小沢氏土地疑惑事件
首相の「検察批判」 不適切であり撤回求める

<リコール>BMW15車種、ロールスロイスも4車種(毎日新聞)
小沢幹事長 土地所有権の確認書 作成日が偽造と分かる(毎日新聞)
首相動静(1月17日)(時事通信)
自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相(時事通信)
<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)
posted by ミツハシ マサユキ at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。